重症心身障害児対象 放課後等デイサービス ABCルーム

サイトマップ お問い合わせ

お知らせ

category
archive

神経筋性側弯症の一時的な改善について ●前置き脳性麻痺や筋ジストロフィーの方がなる側弯症について記載します写真は「胸」のみ弛緩させた状態です。背中なども弛緩させるとより楽になっていただけます。 ●参考小池文英医師の「脳性麻痺 その理解とチームアプローチ」で側弯症について「側弯症は(省略)可逆性である」と言っています。これを「筋緊張すると側弯、筋緊張しないと側弯しない」と解釈しています。 ●その他側弯症は左右非対称な筋肉の発達で起きます。凹んでいる方が強い凸の側が弱いです。強い筋肉が弱い筋肉を押し出しています。最近の重心の書籍には「側弯を無理に伸ばすと痛みが伴う、さらに緊張が強くなる」など書かれています。実際に弛緩させずに(無理のない範囲で)そのような姿勢を取っていただくと瞬きの回数が増える眼球の動きが激しくなる呼吸が浅くなる(エアーが入っていた所に入らなくなる)という姿を確認していますが、弛緩させるとそのような姿は見られません。なので弛緩させないで身体を伸ばすことはやめてください ●方法1 肋骨の一番下の骨の上に介助者の手の付け根を置きます2 そのまま指をお子さんの胸に置きます。3 その指を身体に押し付けながら顔面の方へ伸ばします4 次に手の付け根を胸の中央付近に置き、1~3をします。5 鎖骨の下辺りに両手を置きます。右手は右方向、左手は左方向に広げます6 さらに肋骨の一番に戻り、今度は横(腋の下)から1~3をします。7 6の位置から少し上に上がり、1~3をします。8 もし呼吸状態が良くなった気がする?けど変わらない?という人は A 子どもの頭の方に座ります B 1~7をやります C この時指を伸ばす方向は足に向かって伸ばしますこれを試して下さい。また、呼吸としてはお腹の緊張を抜くことも大切になります。これは別の記事で記します。※これは筋緊張の影響で呼吸しづらい、という方への手技です。 ●成功の判断1 呼吸したとき胸の膨らみ方が大きくなる2 呼吸音が大きくなる(聴診器を使っていただくのが確実に分かります)3 眠そうにし始める4 右、又は斜め左を向いていた顔が下、または正面を向く ●成功の判断4についてこれは呼吸しづらいために自発的に気道確保の姿勢を取っています。換気量が増えることでその姿勢を徐々にやめます ●その他お母さんたちに分かりやすい文章を心掛けましたが分かりづらかったら教えて下さい。この方法は咽の少ない食事をする排痰をする変形予防筋緊張の弛緩安定した情緒などを目指すときに有用です。#群馬 #桐生 #重症心身障害児 #重症心身障害者 #abcroom #呼吸 #弛緩訓練 #看護 #理学療法 #側弯症 #脳性麻痺 #筋ジストロフィー

2019.09.10 Instagram

神経筋性側弯症の一時的な改善について ●前置き脳性麻痺や筋ジストロフィーの方がなる側弯症について記載します写真は「胸」のみ弛緩させた状態です。背中なども弛緩させるとより楽になっていただけます。 ●参考小池文英医師の「脳性麻痺 その理解とチームアプローチ」で側弯症について「側弯症は(省略)可逆性である」と言っています。これを「筋緊張すると側弯、筋緊張しないと側弯しない」と解釈しています。 ●その他側弯症は左右非対称な筋肉の発達で起きます。凹んでいる方が強い凸の側が弱いです。強い筋肉が弱い筋肉を押し出しています。最近の重心の書籍には「側弯を無理に伸ばすと痛みが伴う、さらに緊張が強くなる」など書かれています。実際に弛緩させずに(無理のない範囲で)そのような姿勢を取っていただくと瞬きの回数が増える眼球の動きが激しくなる呼吸が浅くなる(エアーが入っていた所に入らなくなる)という姿を確認していますが、弛緩させるとそのような姿は見られません。なので弛緩させないで身体を伸ばすことはやめてください ●方法1 肋骨の一番下の骨の上に介助者の手の付け根を置きます2 そのまま指をお子さんの胸に置きます。3 その指を身体に押し付けながら顔面の方へ伸ばします4 次に手の付け根を胸の中央付近に置き、1~3をします。5 鎖骨の下辺りに両手を置きます。右手は右方向、左手は左方向に広げます6 さらに肋骨の一番に戻り、今度は横(腋の下)から1~3をします。7 6の位置から少し上に上がり、1~3をします。8 もし呼吸状態が良くなった気がする?けど変わらない?という人は A 子どもの頭の方に座ります B 1~7をやります  C この時指を伸ばす方向は足に向かって伸ばしますこれを試して下さい。また、呼吸としてはお腹の緊張を抜くことも大切になります。これは別の記事で記します。※これは筋緊張の影響で呼吸しづらい、という方への手技です。 ●成功の判断1 呼吸したとき胸の膨らみ方が大きくなる2 呼吸音が大きくなる(聴診器を使っていただくのが確実に分かります)3 眠そうにし始める4 右、又は斜め左を向いていた顔が下、または正面を向く ●成功の判断4についてこれは呼吸しづらいために自発的に気道確保の姿勢を取っています。換気量が増えることでその姿勢を徐々にやめます ●その他お母さんたちに分かりやすい文章を心掛けましたが分かりづらかったら教えて下さい。この方法は咽の少ない食事をする排痰をする変形予防筋緊張の弛緩安定した情緒などを目指すときに有用です。#群馬 #桐生 #重症心身障害児 #重症心身障害者 #abcroom #呼吸 #弛緩訓練 #看護 #理学療法 #側弯症 #脳性麻痺 #筋ジストロフィー

>